【スポーツ観戦】負けに不思議の負けなし。【日本シリーズ2021第5戦 東京ヤクルト】

スポーツ観戦

こんにちは、taicchanです。

熱戦に次ぐ熱戦が続きますね。
このシリーズは後半に試合が動くことが多いのですが、さすがに8回裏の山田選手のホームランは雄叫びなしにはみていられませんでした(笑)

取れば日本一がかかるこの試合、残念ながらスワローズは落とし寒い神戸へ移動となりました。
素人目に見ていてどんな試合に写っていたのか、改めて大一番を前に振り返りたいと思います。



緊張していた?緩慢すぎる守備の連続。

タイトルにも挙げた故・野村克也さんの名言。
「勝ちに不思議の勝ちあれど、負けに不思議の負けなし」
これに尽きる一戦だったと思います。

この試合、締めるべき所を締められていれば取れた試合だったように思いました。

先発の原樹里投手は、CSでの手痛い怪我から復帰し奮闘していましたが、悪い時の傾向が出続け球はコントロールを欠き、荒れ放題。
それがオリックス打線に的を絞らせなかったと言う思わぬ副効果を生んだのと、悪いなら悪いなりにどうするかを捕手の中村選手が組み立て、試合はロースコアで進んでいきます。

スワローズ打線が初モノピッチャーに弱いのはいつものことで、このシリーズの観戦記でも以前言及しましたが野手コーチはそれを修正できません。戦力に依存した試合展開が続きます。

先制したのはヤクルト、2回にサンタナ選手フォアボール・中村選手のシングルヒット。このシングルヒットの間、決して走塁が得意でないサンタナ選手が三塁を陥れ、結果的にオスナ選手のダブルプレーの間に一点が入ります。
こう言う戦略を見たかったんだよ!と、序盤は割とウキウキしながら見ていました。

その後は、抜きつ抜かれつのとっては取り返しのタイゲームが続いていきます。
ただ、1-1に追いつかれた際の吉田選手・杉本選手によるタイムリーはバファローズの戦力と主軸の強かさを実感させられたのですが、その後の失点は1~2点抑えられたんじゃないかと感じています。

  • ダブルプレーに焦り、珍しく1塁への送球をミスした山田選手。
  • 送りバントにシフトを引いて守ったにも関わらず、セカンドへ送球できなかった村上選手。

この二つのミスで出たランナーが、そのまま失点に繋がっていきます。
王手をかけていたと言うことで気持ちが逸っていたのかもしれませんが、いただけない守備が続いていたのは事実。森岡コーチ・福地コーチ、修正できなかったのでしょうか。

9回のジョーンズ選手のホームランは、これは褒めるしかないホームラン。打つべき人が、打つタイミングで打った。マクガフ選手の救援失敗がこのシリーズでは続いていますが、ホームランに関してはもう打ったバッターを誉めるしかありません。
この1失点に嘆くより、防げた失点をしっかり修正することの方が重要だと考えています(この2点を抑えていれば、単発のホームランでもまだ勝ち越していましたしね)。

転んでもただでは終わらない、しぶとさに見えた夢へと続く道。

徐々にバファローズが点差を広げ、個人的にはお通夜ムードが漂ってきた8回。
ドラマが待っていました。

それまで、不審に喘いでいたキャプテン・山田哲人選手のスリーランホームラン!!
打った瞬間確信の、東京ドーム中段まで届く特大弾が飛び出しました。

役者って、いるんですねえ。
打った後の残心がとにかく絵になっていて、今でも目に焼き付いています。

バファローズのヒギンズ投手相手に、先頭塩見選手・2番青木選手が連続フォアボール。これまでのシリーズであれば、山田選手がゴロを打ってダブルプレーになってしまう…そんな絵が頭の中で黙々と作られていました。

それが、相手投手の制球が定まらないことをしっかり認識し、ストライクを取りにきた球を一閃。
スターの技を、これでもかと見せつけられました。

この打席、もちろんスワローズが押せ押せムードになれたと言うのも大きいのですが、山田選手のホームランがしっかり考えて組み立てられたものだったこと。神戸に移ってからの残る2戦、湿っていた彼の打棒がついに覚醒してくれるのか、期待しています。

特にスワローズは序盤の展開で上位打線が湿りがちで試合を作れないと言う状況がこのシリーズで続いています。山田選手のこの一本で、序盤から相手を押し込める展開に持っていけるようになれたら、日本一もまんざらではなくなってきます。

応援歌にもある「夢へと続く道」、その打球で是非とも切り開いてほしいです。

思わずこんな歌を詠みたくなるくらいには悔しい敗戦でしたが、まだチャンスは残っています。
20年ぶりの歓喜にむけて、まずは今日!

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました