【短歌】陽傾く向こう岸より吹きつける 風で羽ばたける芒が原【散歩道】

短歌

写真を撮った時は午後2時だったのですが、本当に日が短くなってきました。
夏場の午後4時か5時くらいの傾きがお昼を回ったくらいで照っています。

今日はいつもの僕の散歩コース、多摩川河川敷のススキの林から京王線陸橋を臨む写真を…と思ったら、画角の関係で陸橋はお預け。
ただ、画の端に西陽が差し込んでいたので、上の句で「陽傾く」と入れやすくなりました。
結果オーライ!



同じ景色を繰り返し見るような毎日ですが、環境は毎日それぞれちょっとずつ変わっている。
外を歩くと、そんなことに気付かされます。

2週間前まではコットンシャツで大丈夫だった外出が、今はジャケットにマフラーがないと厳しくなってきました。
そろそろヒートテックも出番が来そうです(新作のコットン裏地ヒートテック、地味に気になってます)。

ピクミンも始めたので、ちょっとずつ歩くコースも変えてみたいなあなんて思いつつ。
まずは安定の2コース、多摩川河川敷と味スタへの景色の移ろいを日々楽しみたいです。

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました