【スポーツ観戦】Jリーグで楽天ポイ活するはずだった話【ユニフォーム】

スポーツ観戦

こんにちは、taicchanです。

先日、Jリーグの2022シーズンの日程が発表されました。
我らがFC東京は初戦でダービーの「多摩川クラシコ」、目下リーグを連覇中の王者・川崎フロンターレと相対することとなりました。
新体制の初戦が王者、来季を占う戦いになりそうですね。

さて、来季のJリーグを楽しむ上で、ひとつ取り組んでみようと思っている試みがあります。
今回の記事は、それを早速しくじったという、しくじり告白になります。

プロスポーツをちょっとでもお得に楽しく見てみようとお考えの方がいらしたら、この失敗談がご参考になれば嬉しいです。



ポイ活できるプロスポーツ・Jリーグ

Jリーグは、見出しの通りポイ活ができるプロスポーツです。
ここで言うポイ活とは、現金同様に使える各種ポイントを貯めたり、あるいは使ったりすることを指しています。

Jリーグのオフィシャルパートナーには日本最大規模のポイント運用会社・楽天が参加しており、試合のチケットからグッズに至るまで、Jリーグに関わるあらゆるお買い物で楽天の決済サービスを経由します。

たとえば、チームユニフォーム。
ユニフォームには廉価版のレプリカ(試合着用時のものにほぼデザインが近い)、選手が実際に着用しているものと同じオーセンティックという2種類が販売されています。
これらは各クラブのホームページを経由して、Jリーグが一括管理している販売サイトで購入することができます。

試しに、今季途中よりチームに復帰した長友選手のユニフォームを買おうとすると…

参照:FC東京公式ホームページ(https://www.fctokyo.co.jp)

まず、画面上部のリストにある「オンライショップ」を選択。
その後、オンライショップでユニフォームのカテゴリを選択し、

参照:Jリーグオンラインストア・FC東京(https://store.jleague.jp/club/ftokyo/)

希望の商品を選択します。
この時点で、画面の右上にばっちり楽天のマークが見えますね。

商品を選択し、決済に移ります。

参照:Jリーグオンラインストア・FC東京(https://store.jleague.jp/club/ftokyo/)

この時点では決済方法として「クレジットカード」と「コンビニ後払い」が記載されています。
しかし、この後さらに決済画面を進めると、

参照:Jリーグオンラインストア・FC東京(https://store.jleague.jp/club/ftokyo/)

このように、ポイント利用のチェック欄が現れます

楽天には、

  • 通常ポイント:無期限、用途にも制限なし
  • 他サービスから移行してきた通常ポイント:無期限、用途制限あり
  • 期間限定ポイント:有効期限が決まっている、用途制限あり

大きくこの3種類のポイントがあるのですが、Jリーグオンラインストアの決済ではなんと全種類のポイントが活用可能なのです!

僕は少し前にMNPで他社から楽天モバイルに切り替えており、キャンペーンでレプリカユニフォームであれば十分購入できそうな期間限定ポイントを頂いていました。

参照:楽天モバイル(https://network.mobile.rakuten.co.jp)
参照:楽天モバイル(https://network.mobile.rakuten.co.jp)

この期間限定ポイントを活用して、来季のユニフォームを購入しようと考えていたんです。

mixi東京の神企画!・・・のはずが。

さて、シーズンオフに入ると選手の移籍など「ストーブリーグ」が盛り上がります。
またこの時期には、新しいシーズンに着用するユニフォームが発表されるなど、新シーズンに向けて各チームが着々と準備を進め、来るべき開幕を今か今かと盛り上げていきます。

FC東京は2021シーズンをもってチームの前身となった東京ガスの子会社から、SNSやスマホゲーム等で有名なmixiへとその経営権が移りました。

FC東京、ミクシィが子会社化 コロナ禍で入場料収入が激減
ミクシィは、Jリーグクラブ「FC東京」を運営する東京フットボールクラブを子会社化すると発表をした。東京フットボールクラブが実施する、11.5億円の第三者割当増資をミクシィが引き受け、株式の51.3%を保有する。

mixiの木村社長は「mixi東京なんて呼ばないで」とTwitterで呟いていましたが、個人的には呼びやすいし期待を込めてそう呼ぶのもアリじゃないかなと思ったりしています。

さて、このmixi東京。ストーブリーグからしてそれまでのFC東京との違いを見せていきます。
積極的な選手獲得、そして通常株主時代から続けてきたプレシーズンイベントをパワーアップさせて続々発表。
なかでも、さすがSNSの会社と感じたのが、「ユニフォーム超早お届け企画」です。

参照:FC東京公式ホームページ>ニュース(https://www.fctokyo.co.jp/news/13118)

まだデザイン発表日は不明ですが、デザインが発表されたらその翌日にユニフォームを届けるよという抽選企画!
ニュースページにも「到着後はぜひご自身のSNSなどで新ユニフォームの感想などの情報発信を通じて、新シーズンに向けての盛り上げにご協力ください。」(上記URLより引用、原文ママ)とあり、SNSサービスを運営するmixiならではの企画です。

こちらは抽選企画となっており、100名の篩にかけられます。
僕がもっているユニフォームは、現在のニューバランスから遡ること2つ前のサプライヤー・アディダス時代の2014シーズンのユニフォーム。
2022シーズンは是非ユニフォームを新調したいと考えていたので渡りに船の企画でした。

自分のくじ運の無さがはたらかないことを祈りつつ、期日内に応募した結果…

当選しましたー!!!
まーじーかー!!とメールが来た瞬間叫び、お隣さんからコンコンと壁を叩かれてしまいました(笑)

これで、誰よりも早く2022のユニフォームを手にすることができ、しかも楽天ポイントを使って身銭を切らずにユニフォームを手にすることができる・・・はずだったんです

早速メールに記載されているリンクにアクセス、ウキウキと画面が変わるのを待っていたんですが・・・
アレ、ここJリーグオンラインストアじゃない?

いやいやと気にせずユニフォームをカートに入れ、購入画面に向かうと・・・ポイントのポの字も出てきません。
あれ、あれれー、おっかしいぞー・・・

何か見落としがないかと商品ページに戻ったところ、

参照:超早お届け企画購入ページ(会員制ページのためURLは掲載しません)

お支払いはクレジット決済のみ」の文字。
そ、そりゃあねえぜ、とっつぁん・・・

ということでtaicchan、2022シーズンのプレシーズンから目論見を転ばせることになりました。

これからのお話。期間限定ポイントの使い道とか。。。

Jリーグをポイ活で楽しもうという目論見は早くも転んでしまいましたが、一応プランBを持っていました。

それは、アウェーや海外サッカー、そしてスワローズの試合を見るために活用しているスポーツ配信サービスDAZNの年間チケット購入です。

参照:FC東京公式ホームページ>ニュース(https://www.fctokyo.co.jp/news/12843)

こちらもJリーグオンラインストアで販売されており、ユニフォーム同様の購入方法が使えます。

ユニフォームの当落判明が12/27と年間視聴パス購入期限の翌日だったため現在未購入なのですが、システムが回復する1/15以降早めにこちらの購入に使おうと思います。

先述の通り、FC東京の試合観戦以外でもDAZNは使っているので、有効なポイ活と言えそうです。

今後の予定ですが、ユニフォームが到着したらいち早くこちらのブログでデザインや着心地を紹介したいと考えています。
また、いわゆる「楽天経済圏」を活用したJリーグの楽しみ方についても、2022シーズンが始まったら紹介していきたいです。

想像していた結果とちょっと、いやだいぶズレてしまいましたが、1番の目的だった新しいユニフォームが誰よりも早く届くことを純粋に喜んで年を越したいなと思います。ハァ・・・

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました