【日常】ブログ初心者がGoogle Adsenseに承認されるまで【広告設置】

日常

こんにちは、taicchanです。

学生時代から色々と日記のようにやってきたブログ、11月よりこちらを開設して何度目かの再チャレンジとなりました。
再チャレンジに踏み切ったのは理由があります。
これまでの日記系ブログだけでなく、アフィリエイトに挑戦したいと考えたからです。
きっかけは、以前も紹介したこちらの書籍。

前回の記事でも少し触れましたが、2021年は本当にいいことも悪いことも際立った特別な年になりました。
特に悪いこと。
振り返るとさらに気持ちが落ち込みそうなのであえてまとまった形では振り返らないようにするのですが、それをきっかけに給与所得以外でもしっかりと稼ぐ力を持ちたいと考えるようになり、自分の個性として今年立ち上がってきた「短歌」を軸に何かできないかと考え、ブログを開設することにしました。

今回の記事では、過去5回挑戦したGoogle Adsense承認までの道のりを振り返っていきます。
正直、何が原因で承認されたのかはブラックボックスなのですが、承認までに繰り返したトライアンドエラーを振り返り、僕と同じようなアフィリエイトブログ初心者の方のヒントになれば幸いです。



Google Adsenseに登録したきっかけと甘すぎた目論見

『お金の大学』を読みブログを開設しようと考えた僕は、まず記事内のリンクコードから以下のYouTubeを拝見しました。

こちらでは、WordPressを使ってブログを開設するところから、Google Adsenseや楽天アフィリエイトを使って収益を発生させる仕組みを作るところまでを、ひとつひとつわかりやすく丁寧に解説してくれています。

このブログもこちらのチャンネルをもとに、Cocoonのテンプレートを使って作成。
各種手続きも、再生や一時停止、巻き戻しなどを繰り返しながら都度確認して行っていきました。

ただ一つだけうまくいかなかったのが、Google Adsenseのテストコードの入力。
何度試しても、設定画面でコードを入力して設定を保存しようとすると「閲覧できません」のページが出るのです。

一応動画に基づいてテンプレートのスタイルシートにコードを直接貼ったのですが、1度目の落選通知でうまく登録できているか不安に(この時は結果だけを見て、落選理由をしっかり詠んでいませんでした)。

そこで、「Cocoon 広告 閲覧できません」の内容で検索をかけたところ、以下の記事に辿り着きました。

AdSense設定で「 閲覧できません」画面の対応 | かかしログ

なるほど、動画をもとに利用したConohaサーバーの方での過剰防衛だったんです。
これで大丈夫だろうと、ブログ記事をもとに設定を動画通りに設定。

登録方法がミスっていただけなんだから大丈夫だろうと思って、「問題を解決しました」というGoogle Adsenseの申請ページ上の項目をポチってあとは日を待つだけだと思っていました。

ところが、ここから都合2回落選。
この時になってようやく落選理由の詳細が読めることに気づき、そちらを確認すると…

「コンテンツの基準を満たしていません」

記事数であったりその更新頻度、そして記事の独自性が問われていたんです。
確かに開設当初に申請して数本の記事しかない状態で申請を上げたのは、無謀でした。
空っぽのお店を開いて「うちの店きっと売れるんで商品入れてくださいよ、バンバン(手やハリセンを叩く音)」と言っているようなものです。

なので、2回目から3回目までは少し時間を空け、記事を書くことに集中し毎日更新を2週間ほど続けられるようになってから申請を出しました。

これなら、ある程度のボリュームの記事数も確保できただろう、更新頻度として大丈夫だろうと考えていたんです。
しかし、前述の通り3回目の落選通知がやってきます。

理由は変わらず、「コンテンツの基準を満たしていません」というもの。
メールを読んだ時は思わず天を仰いでしまいました。

「見られているか」の可視化:サチコさんと仲良くする

先述の動画の中で、Google Adsenseと同様に挙げられていた登録サイトとして、Google Search Console(通称サチコ)というものがあります。
検索エンジンGoogle上で自分のサイトがどれほど見られているのかと言う情報を可視化してくれるサイトです。

これ、3回目の落選まではそんなに気にしていなかったのですが、ある時ふと思いました。

「そもそも、Googleに記事が認識されていないんじゃないか?」

そう考えた理由は、グラフの推移です。
ずっと、検索数もクリック数もゼロのままだったからです。

作られたばかりのブログがネットの大海でそうそう探し出されることはないだろうと当初は楽観的になっていたのですが、これってもしかして登録がうまくいってないからなんじゃないか。

先ほどのお店の話で例えを続けるならば、在庫は入荷し続けているけれど商品を陳列していない状態になっているんじゃないか、と考えたのです。

そこで、サチコに自分のブログ記事を手動登録してみようと考えました。

実際に画面右下で登録日の11/18からずっとクリック数が0を継続しています。

画面左のサイドバーから「URL検査」を選択し、自分のブログ記事のURLを画面上部中央の検索バーへ入力。

すると、答えは明白。
Googleの検索項目上に、僕の記事は登録されていなかったんです。

いくつかのハウツーブログで確認すると、開設したてのブログあるあるで、サチコに登録したサイトマップから記事の情報が登録されないことが多いとのこと。

そこで、記事を書くのと並行して過去記事も含めたサチコへの主導登録を進めることにしました。
URL検査を行い、記事が登録されていないことがわかると画面上に「インデックス登録をリクエスト」と言う項目が現れます。
これを記事一本ずつ、手動で登録をかけていきました。

リクエスト本数については1日あたりで上限があり、全ての記事を1日で登録することはできなかったのですが、何日かに分けて登録していったところ、折れ線グラフが底をついた状況を脱し上げ下げを描く文字通りの折れ線になってくれました。

なるほど、これが落選理由に含まれていた記事数の不足だったんじゃないか、だってGoogleさんは僕が記事を持ってること知らないんだから。
でも、これからは大丈夫だ。そう思って4回目のトライをしました。

承認通知は突然に

結論から話すと、4回目のトライも落選でした。

ただここまでくると、閲覧数や検索へのヒットが原因ではないかと考えるようになり、記事の内容を充実させたり、投稿したらすぐにサチコ登録をかけるようにしてGoogleでの認知をしっかり確保していくことを考えました。

自身の体験になる短歌の解説や観戦談だけでなく、それをどのように行っているのかといったハウツーなどより視野を広げた記事を書くことを心がけました。

そうして記事数も40本を超えた頃、とりあえず切り目がいいし出してみるかと送った5回目の申請から約1日で承認メールが届きました。

正直、何が原因で落ち続け、何が原因で受かったのかは全くのブラックボックス。わかりません。
ただ、トライしたこととして

  • 毎日更新を心がける
  • 更新したらサチコへ登録をかける
  • さまざまな視野の記事を書く(内省的なものからハウツーまで)

この3つが、いま重なっているのかなと感じています。

本や動画で解説されているように物事は簡単にうまくはいきませんが、なんとか2021年のうちにスタートラインに立つことができました。
これからも、一日一首の解説や大好きなチームの観戦記、ミニ四駆などの趣味の紹介など引き続きこちゃこちゃと書いていきます。

せっかく承認いただけたので、ちょっとコンビニスイーツでも食べて自分にお祝いしてあげようかな(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました