【短歌】乗り上げた方舟 窓から放たれた平和にオリーブオイルを垂らす【鳩】

短歌

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。

 



ちょっと気取った歌でも作ろうか、と思って推敲の時から弄ってみた歌です。

元々は、「川岸と川の間で戯れる平和にオリーブオイルを垂らす」という歌でした。
下の句はそのままですね。

鳩を平和の象徴として、対になるオリーブをどうにか混ぜようというのは詠み始めの段階で考えていました。
鳩にオリーブオイルを垂らすって何だよ、という情景ですが、この時間帯はそこそこおもた目の雲が流れていたので雨でも降りそうだなと感じ、水の滴る鳩が脳裏に浮かんで現れた言葉だと思います。
「思います」というのは、あまり確証がないため…
気取ってみようとすると、理屈ってついてこないものですね。

ガラリと変わった上の句ですが、これは鳩とオリーブの逸話の元になったノアの方舟の話をそのまま持ってくることにしました。
ちょうど川岸に護岸工事の什器が並んでいて、さながら船舶が打ち上げられているような面持ちだったので、「乗り上げた方舟」と句跨りでストレートに表現。
そのまま、逸話通り方舟の窓から飛び立つものは鳩。鳩イコール平和ということで、鳩という言葉を一切使わず水辺に鳩がいる情景を詠んでみようとしました。

詠み自体はすんなり行けたのですが、今ひとつ手応えのない感じがします。
インプットが増えた分、アウトプットに追いついていない感じでしょうか。
引き続き、アウトプットのペースはこのままに昨年は足りなかったインプットを進めていきたいです。

手応えは、その後の後!

インプットをしようと思ったきっかけ、そしてどうやっていこうかを書いた記事です。



 

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました