【短歌】お近くに夢の国へと続いてる鍵をお持ちの方いませんか【ディズニー】

短歌

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。
 



インスタへの一日一首「instanka」を始めた当初も詠んだことがある、ふと見たものが顔に見えてくるシミュラクラ現象。
今回も、影の形からシミュラクラして歌を作ってみました。

ありがちな、丸が三つでミッキーマウスのシルエットに見えたこの影は、カーブミラーと交通標識が一つのポールに組み合わさったことで生まれています。
なんでもないような日常の情景ですが、前回の投稿が奇をてらい過ぎていたように感じたので、「シンプルに行こう」というのを裏テーマにしていました。

最初にできた歌は、「ご近所のどなたか夢の国へ行く扉の鍵をお持ちでしょうか?」というもの。

住宅街で見つけた景色だったので、「ご近所に」と歌い始めました。
ここからさらにシンプルにしようと考え、「ご近所」を「お近くに」に変更。
「どなたか」については下の句で「お持ちの方」に纏める形で省略し、前後の流れを微調整しました。
素材そのままに、表現を弄った歌です。

シンプルに…シンプルにと唱えながら遂行した結果「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんでしょうか?」のセリフみたいな歌になりました。
口語体でシンプルに続いているので、これはこれで良しとしたいです。

 



 

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

 

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました