【スポーツ観戦】何をモチベーションにして戦うのか【J1 21年第36節 FC東京】

スポーツ観戦

こんにちは、taicchanです。
今日は味スタでホームゲームの試合を見てきました。

横浜戦での大敗、長谷川健太監督辞任、様々な激動があった中で、2週間の準備期間を経て臨んだこの試合、どんどん感情を失っていく自分がいました。
改めて、この虚無感を抱えた上で試合を振り返っていきたいです。



モチベーションがまるで見えないトーキョー

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/category/j1/game/2021112005/summary

キーパーがダマさんこと児玉選手になったこと、警告でモリゲこと森繁選手が出られないことを除けば、健太トーキョー時代のベスメンに近いメンバー。

前回の観戦記でも書きましたが、もはやトーキョーには追いかけるものが何もない文字通り残る試合は消化されていく状況です。
この状況を

  • A:「秋季キャンプ」と割り切って若手に経験を積ませるのか。
  • B:試合を作れるメンバーで臨んで結果を出し集客を維持するのか。

森下監督は、後者を選びました。

その結果が0-2という、クリーンシートでの敗戦。
正直、見ている側としては結果以上にダメージの大きかった試合です。
追いかけるものが何もないベスメンたちに、試合に対してどんなモチベーションを持たせるのか。それが全くなされていないように感じました。

中村拓海・長友の両SBは球際で寄せきれず、またパスも中途半端でCBへの守備の負荷がそれまでの試合の比ではありません。
しかも今日はDFリーダーの森重選手が不在。森重選手とコンビを組んできた渡辺剛選手やジョアン・オマリ選手はもちろん奮闘していましたが、彼らCBのキャパを遥かにオーバーする状況が試合を通してつくられます。

そして、いざアタッキングサードに入ったところでパスを繋ぎ、精度のかいたシュートを打っては相手にゴールキックを献上。
シュート本数も、たかが知れている状況です。

両CBと安部柊斗・青木拓矢の両ボランチは献身的に動いていました。ただ、それは間違いなく相手・徳島ヴォルティスの攻撃に対抗していくため。
後手後手の状況は、これまでの試合と変わるどころか悪化しています。

モチベーションが明確だった徳島との温度差

一方、相手の徳島は残留争いの渦中におり、どうしたって勝ち点3を取りにきます。
「モチベーションで試合結果が決まる」と精神論を振りかざしきるつもりはありませんが、間違いなく両チームのプレーの質には現れていました。

前線から最終ラインまで、ボールを取りに行く動きは明確であり、トーキョーがボールを持った際は出しどころがなく最終ラインまでボールを戻して横パスを繋ぐという状況が続きます。

一方、徳島がボールを持った際、トーキョーは相手選手へのパスコースを切りきれず、容易に中盤でパスを回されてしまいます。ポジショニングやフォーメーションのギャップを突く、というような戦略的な意図で生まれた状況ではありません。
この状況は、試合開始直後から明確に見て取れました。

相手選手へのパスコースを絞りきれない、ボール保持している選手に寄せ切ってインターセプトができない。そうなれば、試合展開は自ずと決まってきます。

語弊を生みかねませんが、選手層や各選手の持つタレントの差で行けば、間違いなく分があるのはFC東京。それは、順位からも明らかです。
しかし、戦力(≒戦術)は戦略には敵わない。

正直、試合に対して全力を見せてくれたトーキョーの選手は、ボランチの安部選手と両CB。この3人を、最後の希望にして今季の残り試合を見ていきたいです。

おまけ:自転車でのアクセスと、スタグルのおいしさ

今日はスタジアムまで自転車で行きました。

味スタのメインゲート前にはグッズショップのユーロスポーツがあり、メインゲートとユーロスポーツを繋げている歩道橋兼ペデストリアンデッキの下に駐輪場があることは知っていたのですが、なにぶん規模が小さいので停められるかどうか少し不安がありました。

新宿方面から走って向かったのですが(僕自身は調布駅が最寄り、味スタまでの所要時間は15分程度)、その不安はスタジアム直前で解消されました。
普段閉鎖されている南ゲートが開放され、臨時駐輪場になっていたのです。
いやあ、助かった!(心からの安堵)

普段は開放されていない南ゲート。
甲州街道に垂直にする形で、自転車を並べる。試合終了後きたら、後ろにもう一列できていました。

今日はスタジアムグルメを楽しみたかったので試合開始の2時間前に向かったのですが、このスケジュールで正解でした

「イナゴ」と称されるほど、スタグルに目がないトーキョーサポーター。僕が試合前から食べたいと思っていた金沢カレー(金沢在住当時大好きだった「カレーのチャンピオン(通称チャンカレ)」)

スタジアムグルメを楽しめる「青赤パーク・おにぎり広場」
金沢カレーといえばチャンカレ。ゴーゴーよりもルーの味が好みです。地元の友達に勧めてもらいました✨

と山賊焼(長野のB級グルメ、大きなトリもも唐揚げ…写真撮り損ねた💦)は長蛇の列で、カレーで15分・山賊焼ではなんと40分の待機。

遊園地のアトラクションもびっくりです。

結局お昼ご飯にありつけたのは、試合開始の1時間前。
以前紹介したカツサンドなど外で買って持ち込むのでなければ、早めにいっておいて損はなさそうです。

なお、待った甲斐あってどちらも文句なしの味でした。

物理的にお腹を美味しく満たせたこと、アクセスの不安を解消できたことが、悔しい試合からの数少ない収穫にしたいです。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました