【短歌】パスタさえつくりたくない日曜の夕方煮込むベーコンのジャム【常備菜】

短歌

 

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。

以前書いた「一汁一菜をもっと簡単に」の、さらに続きにもあたる歌になります。

ベーコンジャムを知ったきっかけは、ちょうどコロナ禍が始まった頃、国立のハンバーガーショップで期間限定のトッピングとして出会ったことでした。

ベーコンジャム by akk0san
食パンやクラッカーにのせると美味しいです。 他には、サラダや、ホットドッグにも◎ 冷蔵で約2週間保存可能

チーズトーストに挟んでサンドイッチやピザトースト風にしたり、パスタソースがわりに茹でたパスタに会えたりと便利に使える「ガッツリふりかけ」のようなもので、発祥はイギリスとのことです。
イギリス料理ってアレだという定説がある中で、こういうジャンキーでポップな料理が流行るというのは面白いですね。

便利煮とレンチン料理で自炊のリハビリをしています。
今回のベーコンジャムは、そのリハビリの強度を上げていく常備菜にあたります。

自炊が億劫だということを「パスタさえつくりたくない」という上の句に込め、少しここから一般化するために「日曜の」という言葉を添えました。
休日ぐらい楽したいよね、という意味を添えることで、自分自身の体験や状況だけでなく一般化を図っています。

下の句「夕方煮込む ベーコンのジャム」は、句跨りになりましたが「日曜の夕方」というもうすぐ休日が終わる時間なのでより「何もしたくない」・「大切な休日が失われていく」という情景を表現してみました。
そんな中で、平日の家事をも楽にしてくれる常備菜「ベーコンのジャム」を作っている自分。
どんなに嫌でも、やってくる平日に対して準備を始めている…というこころと行動の矛盾を描いてみたつもりです。

賞味期限ギリギリのお酢を使ったせいか、今回のベーコンジャムはちょっと酸味が強く出てしまった感はあります。
パスタソース的に使うには、粉チーズを入れて卵のないカルボナーラ的に作るのがいいのかなあと感じました。
(ちなみに僕のパスタ料理は、料理研究家リュウジさんの「至高のペペロンチーノ」の作り方をベースにしています)

https://bazurecipe.com/2020/05/19/至高のペペロンチーノ/

ホットサンドなどにして、いろいろ美味しい食べ方を探してみたいです。



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました