【短歌】”Help me, Obi-Wan Kenobi !”映してた瞳は宙を仰ぎ、ペン立て【スターウォーズ】

短歌

 

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。

 



ディズニーランドで買った、R2-D2のキャンディーボックスをペン立てにしている…という風景の歌です。
つい最近、この子を買った時に一緒にディズニーに行った友達とLINEしていて、ふとこの子を題材に歌が読めないかなと思ったのが作歌のきっかけでした。

最初は、

繰り返しオビワン・ケノービ呼んでいた青白い子をペン立てにする

という歌だったのですが、「待てよ」と。
“Help me, Obi-Wan Kenobi”って、五七調になってないかなと思い立ちました。
オビ=ワン・ケノービだと字余りになってしまうんですが、固有名詞なのでそのまま押し切ることに。

そしてこのキャンディーケースの特徴である、ドーム部分をパカッと開けてペン立て部分を作っている風景を残る韻律で表現していきます。

レイア姫のホログラフを出していた瞳が真上を向く形になるため、「瞳は宙を仰ぎ」と自然に言葉が並びました。
最後に、そんなR2がどうなったのかを表すため、端的に「ペン立て」と締めています。

英語をそのまま短歌にいれるのは結構挑戦だったのですが、別の方の作で日本語にハングルの音をふりがなで振った歌を拝読したこともあり、あえて挑んでみました。

なかなか作らないトリッキーな歌を詠んでみると、なんだか気持ちも浮いてきますね。

6部作一気見とかはしたことあるんですが、せっかくなので9部作一気見とかしてみようかな。

 



 

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

 

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました