【短歌】忘れない 駆ける疾さと潔さ 特急-エクスプレス-は伊達じゃなかった【京王線】

短歌

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。



この春京王線ではダイヤ改正が実施される予定で、その内容の一つに列車等級の統廃合があります。
現在「特急」「準特急」に分かれている速達列車を統廃合し、現在の準特急の停車駅を特急停車駅として採用するそうです。

京王線独自の「準特急」が廃止へ 「特急」の停車駅増加はどんなメリットがあるのか?(小林拓矢) - 個人 - Yahoo!ニュース
京王電鉄は来春のダイヤ改正で「準特急」を特急に統合し、特急の停車駅を増やすことになった。特急停車駅増加の意味とは? 停車駅を増加させてどんなメリット・デメリットがあるのか?

このニュースは、ちょっと喜んで良いのか微妙なニュースでした。
僕が住んでいる調布市には、京王線のターミナル調布駅があります。
現在の特急なら、実家につづいている井の頭線への乗り換え駅・明大前まで調布を出たらノンストップで行けます。
速達感がすごい。

物心ついた頃から、京王線には有料特急はなく、それでも京王特急を特急たらしめていたのは明大前〜調布間のワープ的な速達感でした。

これが、ダイヤ改正でこの度失われます。

現在京王線は笹塚〜千歳烏山駅間の高架化工事を行なっており、完成すると一駅おきにホームが複々線化されて列車のやり過ごしや調整がしやすくなります。
今回の統廃合は、それに先駆けたものではないかと思うですが、工事の完了がまだまだ見えない中で、だいぶ見切り発車したダイヤ改正だなと個人的には感じています。

とはいえ、今の速達感が失われることはもう確定した事実です。
乗れているうちに、今の特急への愛や思い出をどうにか歌にしようと思って詠んだのがこの歌でした。

上の句は、ここまで話してきた内容をそのままに。
下の句は、Instagramのシステム上ルビ振りがうまくいかなかったので、「特急」の文字の後ろに読みの「エクスプレス」をハイフンで囲いました。

あとは、大好きな「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の作中で最も有名な台詞の一つ、「νガンダムは伊達じゃない」をオマージュして「エクスプレスは伊達じゃなかった」としました。

過去形なのは、もうその疾さと潔さが失われるとわかっているからですね。

思い出もいつかは変わっていくということを、暮らしの路線という身近なところで感じた、そんなワンシーンを歌ってみました。



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました