【短歌】閉ざされたゲートの先で待っているキックオフという名の年明け【FC東京】

短歌

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。



Jリーグの開幕が、刻一刻と迫っています。
去年は順位も、そして内容も残念な形で終わった我らがFC東京。
今年の奮起にとにかく期待です。

FC東京の開幕戦は、アウェイでの多摩川クラシコ=川崎フロンターレ戦に決まりました。
ここ数年、優勝争いを続けている強者の中の強者が相手です。
アルベル監督は「(チームの方向性がまとまるまで)半年待ってほしい」とおっしゃってましたが、落としてはいけない一線からの開幕というのは、なかなかにハードですね。

なお、ホーム開幕戦はルヴァンカップ予選のジュビロ磐田戦で、2/23開催予定です。
その後、2/26に名古屋グランパスを迎えたホームでのリーグ初戦が予定されています。
中2日での試合とは、結構ハードなスケジュールですね。

今回、僕はユニフォームを18番・品田愛斗選手のものにしました。
アルベル監督が掲げる「アカデミーから輩出した選手でチームを強化していく」という方針において、いまチームで主力を張れる選手は彼だからです。
そして、引退後もなおクラブへ貢献し続ける東京のスピードスターかつ元祖18番・石川直宏さんへのリスペクトも込めています。

まだ肌寒いので、極暖ヒートテックにパーカーを重ね着して、その上からユニフォームを着る…という流れになりそうです。

こうして開幕を待っている味の素スタジアムは、嵐の前の静けさといえるほど静かで、ゲートもガッチリと閉まっていました。
この風景を短歌にしたいなあと散歩の最中に考え、

開幕という新年を待っているゲートは今日も固く閉ざされ

とまずは歌の原型を作りました。
ただ、結句で「閉じる」と表現するとネガティヴな印象が強く出ると思い、同じ内容を語りながらもう少し開いた終わり方をできないかと推敲した結果がこの一首になっています。

サッカーのスタイルも変わり、正直今シーズンのFC東京は未知数です。
ただ、SNSを見ていると「代表選を見るより、よほど面白いサッカーをしてくれる」という表現をJ2サポーターがアルビレックス新潟のスタイルに対して評していたので、期待はしています。

今年こそ、いいとこ行ってほしいなトーキョー。



にほんブログ村 サッカーブログ FC東京へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました