【短歌】一人称「儂」を自然に言えるようしわくちゃになる積み立てをする【老後の備えについて】

短歌

 

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。

 



この歌は、以前作った一首とおなじくお題をInstagramのストーリー機能で募集したものをテーマにして作りました。
お題は「老後の備えについて」。
勤め先の元先輩で、現在保険の外交員をしている方からのお題です。
それっぽいですね。

老いという感じになんとなくネガティヴな印象を持ったので、自分の意識を変えるためにも逆転させてポジティヴにしたいなあというのは歌を考えている時に通底していた考えです。

下の句はその考えが出ていて、「しわくちゃになる積み立て」というのは歳をとっていくことによって何かを得ることを表せればという意図からきています。
積み上げではなく積み立てになったのは、お題をくれた方のキャラクターが影響していますね。

対しての上の句は、ニュートラルな感じに老いを表現できればと考え、老人男性の一人称である「儂」を使えるようになるころには歳をとっているのかなというイメージから組み立てていきました。
ただ、投稿後に調べて知ったのですが、「儂」って相手を見下す一人称なんですね。
自然には使いたくないなあと、今更ですが感じています。

歌自体はお題をもらってすぐ、じつは先週末の時点で出来上がっていました。
あとはこの歌に合う写真を撮るのを待つだけで、今日所用で電車に乗る機会があったので優先席の写真を撮って使うことにしました。

今の優先席は「シルバーシート」ではないので老いの直喩にはならないのですが、優先席の対象者の中には老人も含まれるのとイメージ的にはずれてないのかなと考えそのまま採用。
お昼の各駅停車は乗車人数自体が少なく、誰も座っていない優先席を撮ることができました。

今回の歌は写真に引っ張られすぎず、歌単独でしっかり成立させることができました。
写真から歌を作ることがinstanka開始当初は多かったので、この辺りは今後も意識して続けていきたいです。



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました