【短歌】東京に沈んだ夕陽が東からブルックリンの八時を照らす【ニューヨーク】

短歌

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。



困った時の、旅行写真シリーズです。
今回も2年前に行ったニューヨークの写真を選びました。

僕は職場の同僚経由でMarvel Cinematic Universeにハマり、そのことを友達に紹介した結果キャプテン・アメリカ沼に引き摺り込まれました。
アメリカに行こうと決めた時、キャップが生まれ育ったブルックリンには必ずいきたいなあと考え、ニューヨークに移動した翌日の朝からブルックリンブリッジへ行った時に撮ったのが、今回の短歌に使った写真です。

朝のブルックリンは、静謐としつつもこれから大勢の人が移動する都会の雰囲気を秘めていて、まるで街全体が大きな生き物が起きようとしているような雰囲気をしていました。
もしかしたら、朝の東京、その中でも山手線の内側は同じような雰囲気を持っているのかもしれません。

アメリカには最初ワシントンD.C.に入り、その後アムトラックという特急でニューヨークへ移動しました。
ニューアーク空港へ続く駅を出てニューヨークのペンシルバニア駅に向かう直前、進行方向右側には遠目にマンハッタンの摩天楼が見えてくるのですが、この景色がなんとも中央線快速で中野以西から新宿に向かう時の風景に似ていて、初めていく街なのにどこか懐かしさを感じました。

このようにニューヨークと東京の相似を感じ取っていたので、短歌でも二つの街を同時に描きたいなあと考えました。
最初は、

東から朝陽はやはり昇ってくる東京だってアメリカだって

という歌にしたのですが、当たり前のことを言うにしてももう少しずらしたいなあという欲が出てきました。
そこで、時差のことを思い出し東京に沈んだ太陽がアメリカに昇っていくという風景にしてみてはどうかと思いつきました。
歌は、このイメージをシンプルに表現してみました。

当たり前のことを少しずらしながら詠むというのは、最近読んでいる奥村晃作さんの影響もあるのかもしれません。



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました