【短歌】神様に会いに来たんじゃないんです春が近くにきてると聞いて【桜】

短歌

 

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。

 



前掲の記事同様に、桜をテーマにした短歌です。
ちょうど新しい機材が手に入ったので、そいつのテストも含めて写真を撮りにぷらぷら近所を歩きにいきました。

高知と東京が桜満開とのことで、近所の神社の桜も盛りになっていました。
調布駅から近いこの写真の神社の桜も多分に漏れず、数日前まで蕾が多くて三分咲き程度だったのが一気に開きました。

今回の歌ではそんな状況を、

  • 神社

などといった固有名詞を使わずにどこまで表現できるか試そうという、自分なりの実験作です。

上の句に関しては結構ハマった感じがして「神様に会いに来たんじゃないんです」という表現は神社に行ったということを表せたのかなと。
教会に行ったというふうに捉えることもできますが、ぷらっと散歩して立ち寄る場所として神社と教会のどちらが一般的かと考えた際、これは神社に軍配が上がるのではないかというのが個人的な感覚です。
この辺りは読者に委ねている部分でもあるのですが、さほど間隔はずれていないのかなあと考えています。

一方の下の句ですが、こちらは改善の余地ありです。
上の句と対になるようにして、元が「主目的じゃない」からの「こっちが主目的」という種明かし的な仕掛けにしてみたのですが、オチを隠しすぎて何をしに来たのかがぼんやりとしてしまいました。
いまこのブログを書いていて、ふと

春の盛りが来てると聞いて

とすれば、花の盛り→満開→桜ともう少し連想しやすかったのかなと思いつきました。
写真を見れば歌の意味は一発でわかるのですが、文字だけを読んで写真の風景が想像できるようになるのが、僕にとって#instankaの理想です。
今回のは手段と目的が逆転した、いつもの悪癖が出てしまいましたね。

つい最近、絵をテーマに短歌を詠むという企画がTwitterであって参加したのですが、そちらでも観念的でぼやっとした歌を詠んでフォーカスがうまく合わなかったという教訓を得たばかりでした。
おそらくは自分について回る課題になってきそうですね。

意識して立ち向かっていきたいです。

別件ですが、別の桜は満開です。
我らが東京ヤクルトスワローズは去年の意趣返しとばかりに、阪神タイガースとの開幕カードを3連勝し、昨日今日については完封リレーを続けました。

明日がプロ野球の移動日なので、この連戦の振り返りはぜひそちらでやりたいです。

 



 

にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

 

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました