【短歌】根っからの平和主義者の僕だから迷わずに買うたけのこの里【風刺】

短歌

こんにちは、taicchanです。

2021年春より短歌を始めたビギナー歌人です。
ずっと「定型を守る」ことだけを意識して1年間約750首の短歌を作ってきました。

この記事では、そんなビギナー歌人のtaicchanが日課として一日一首ペースでInstagramへ投稿している自作短歌を解説します。

僕と同じように短歌ビギナーの方にとって、創作のヒントになったら嬉しいです。



今回もやりました、真正面から現実の問題に向き合わない系短歌です。
前回同様に戦争関連で、「平和主義者」という言葉とかタグに「#nowar」とか入れてはいるんですが、ダイレクトに今回の世界的な有事に向き合って詠めない、自分の弱さが出ました。

ネタにしたのは明治製菓の「たけのこの里」。

きのこの山か、たけのこの里か。
公式でも総選挙が行われたくらい、この両者の好みは「戦争」と冗談めかして言われるくらいキッパリ分かれています。

ちなみに僕は歌に詠んだくらいなので、もちろんたけのこ派です。
クッキー生地がザラザラ・サクサクで食感が良く、しかもきのこの山ほどクッキー生地の自己主張が少ないので子供の頃からたけのこの里の方が好きでした。

この両者の争いに決着をつけるには、シンプルオブシンプルな明治チョコレートを持って「この戦争を終わらせにきた」とかするしかないくらい、両者の溝は深いですね(笑)

そんな社会(?)状況を見つつ、どうせ真正面から反戦歌を詠めないのであればとことん遊んでやろうと思い、半ば煽るくらいの気持ちで詠んだのが今回の歌になります。

「平和主義者だからたけのこの里」って、たけのこの里が正しいって言って疑わない人間の姿勢ですよね。考えてみれば、伝え聞く範囲での現在のロシアであったり、あるいは各種軍事作戦を展開してきたアメリカの姿勢に近い傲慢さが隠されもせず顕になっています。

ある種の皮肉というか、風刺のようにも読み取れるのですが、どっこい最初に話した通り真正面から現実の状況を歌えない弱さが生んだ一首です。

どうしても現実どストライクを描くと陳腐になってしまうのではないかという思いがあって、なかなかそこを描く勇気が持てません。
恥はかき捨てとも言いますし、どんどんやった方がいいのかもしれませんがなかなかその一歩が踏み出せず、今回もだいぶ手前で足踏みしてしまいました。


ここからは業務連絡です。
本ブログのメインコンテンツの一つ・スポーツ観戦の更新なのですが、本日まで実施されていた東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ戦については執筆を見送ります。
全試合とも都合がつかず観戦できておらず、リアルの試合を見られていない状況でアプリ速報だけで更新するのは本意ではないためです。

一方、FC東京対ヴィッセル神戸戦については現地観戦をしてきたので、こちらについては近々投稿予定です。

以上、業務連絡でした。



にほんブログ村 ポエムブログ 短歌へ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました