【スポーツ観戦】シーズンシートはダテじゃない!【東京ヤクルト】

スポーツ観戦

こんにちは、taicchanです。

自宅のある調布市がホームタウンのFC東京と、大学時代から箱推ししている神宮球場をホームにしている東京ヤクルトスワローズをゆるく応援しています。
社会人になってから少し応援の熱が高まっており、毎試合の経過・結果を追ったり、各チームのユニフォームを纏って実際の試合を見に行ったりする機会も年々増えてきました。

この記事では、そんな僕が試合を観戦して得た感想を素人目線で語っていきます。

「何となく試合結果は追っているんだよね」、「何人か、選手の名前は知っているよ」といった、ガチ寄りではないけど東京ヤクルトスワローズが好きという方に、同じようにもっとスワローズを好きになってくれるきっかけにこの記事がなってくれたら嬉しいです。



東京ドームのシーズンシートはダテじゃない!

今回の記事は、いつものなんちゃって解説ではありません。
完全な感想文です(オイ

先日、友人からのお誘いで東京ドームでの巨人・ヤクルト戦を観戦してきました。
座席はなんと、友人の友人のお勤め先が持っているシーズンシートです。

以前、別の友人のお勤め先が持っている千葉マリンスタジアムのシーズンシートにお邪魔したことがあり、シーズンシートは特別感を持って観戦できることは体験していたのですが・・・

さすが読売ジャイアンツの本拠地、東京ドームは別格でした。

座席を公開、だん!!

カウンターシートと、ふかふかのソファ・クッション完備の4〜5人でのボックスシートです!
カウンターにはタブレットが常設され、ドリンク類はもちろんスタジアムグルメを座席から注文できる神仕様!
びっくりマークを思わず連発してしまうような、おもてなし席になっています。

2枚目の写真に写っている角の先は座席間の通路になっており、売り子さんも往復していきます。
プロ野球観戦の醍醐味である売り子さんからのビール購入もできる至れり尽くせりのシートで、1塁側からグラウンドを一望できる最高のアングルです。

なお、シーズンシートには専用の軽食セットが人数分セットされ、おつまみもあらかじめ用意されているという。。。まさに野球スタジアムのグランクラス!
(注意:以下にグランクラスの解説リンクを貼っておきます)

Gran Class|JR東日本
JR東日本「Gran Class」オフィシャルサイト。Gran Classについてご紹介します。

同じ東京に居を構え、同じリーグで凌ぎを削り合う相手ゆえいつもは悪態をつく相手・読売ジャイアンツですが、ここはもうさすがとしか言いようがありませんでした。

自宅以上の環境で最高の臨場感で味わう野球、最高以外の何物でもありません。

最高の環境に、最高の試合展開。樹理が覚醒してきたぞ!!

そんな最高の環境で観戦した試合は、展開も含めて最高でした!

直前まで仕事だった僕はちょっと遅れてドームに入り、先制点を取った巨人・ウォーカー選手のホームランもその次の回ですかさず同点に持ち込んだスワローズ・濱田選手のタイムリーも見ていません。

どこから見ていたのかというと、3回表にノーアウト満塁となって村上選手がちょうど打席に入る瞬間です。
ドラマの最高のシーンの直前、山田選手がボールを見極めている頃にドームの回転ドアをくぐっていました。

そして、ブースのゲートを開けて入った座席に感動し、ふとグラウンドを見ると・・・

あれ、スワローズが満塁じゃないか?
あれ、次の選手って4番・村上じゃないか??

そりゃあ期待しますよ!
徐々に調子を上げつつある不動の4番の打席に、ノーアウト満塁という絶好のシチュエーション。
何か起こってほしいと願う遠くのレフトスタンドの仲間たちと、どうかホームゲッツーを取って冷や水を被せてほしいと願っているレフトスタンド以外の巨人ファンたちの願いが、渾然となってドームの屋根のほうに充満しているようでした。

そして、

打球は右にも左にもそれず、バックスタンドへ綺麗なアーチを描き飛んでいきました。
主砲村上、ここという場面で見事にグランドスラムです。

この後もスワローズは押せ押せの攻勢を緩めず、4回こそ3者凡退しましたが5回以降は毎回得点を重ねていきます。
そして大量援護を受けたことで精神的に余裕を持った先発・原樹理が、7回2失点の好投を見せます。

好不調の波が激しく好調な時は強気に投げ込み、一方で崩れ出すとガタガタと自滅してしまうのが彼の傾向なのですが、この日はピッチングこそ決して好調ではないものの要所要所でコースに投げ込み打たせて取るピッチングを実現し勝利投手となりました。

成長したなあ、覚醒したなあ、樹理・・・(親の目

2016年のドラフト1位で入ってきた、将来の軸候補だった選手が昨年後半からようやく独り立ちを始めました。
さまざまなインタビューで現在解説者を務め、以前は一軍ヘッドコーチをしたこともあるスワローズのレジェンド・宮本慎也さんが「スワローズで期待の若手は、投手では原と高橋」と話していましたが、その期待がようやく実を結んできています(なお、高橋投手も翌日の試合で勝ち投手になっています)。

体調の都合上お酒は飲めず、スタジアムに来てコーラを飲むという苦行を強いられていたのですが、ものの見事にコーラで酔っ払うことができました(笑)

家が近いこともあり極力FC東京の試合は行ける限りスタジアム観戦をしていたのですが、野球もやっぱり生が一番ですね。

昨年はなかなか神宮に観に行けなかった分、今年は足繁く通いたいです!



にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
にほんブログ村

👆ワンクリックが励みになります。よろしくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました